人と仕事:タイトル
ホーム 採用情報 人と仕事 鈴木 智弘
写真

不安を感じることなく会社になじむことができました

入社当時をふりかえって

私は昭和化成工業株式会社本社のある地元、羽生の高校を卒業しました。その高校出身の先輩が同社に入社していたので、まずは工場見学をしました。その後、会社のことをいろいろ聞かせてもらい、入社することになりました。入社する前に概ね「どんな会社で、どんな仕事をするのか」予想でき、不安はあまり感じませんでした。入社し、本社製造部の汎用ラインに配属されました。最初は何もわからず、単工程を身に付けることで精いっぱいでした。また製造の機械を制御するためにPCの操作も多く、それこそやったことのない工程ばかりでした。しかし、先輩たちにほんとに細かいことまで丁寧に教えていただいたことで大いに助かりました。またこの業務では他部署の方々と連携が重要なので、入社当初からいろいろな部署の方々と打ち合わせや意見交換等を頻繁に行いました。今でも入社した頃を思い出すと、高校の先輩が入社していて、いろいろアドバイスをしてくれたことや、現場の先輩のおかげで不安を感じることなく会社になじむことができたと思っています。

写真

小さなミスが大きな不良を発生させる原因

実際の業務から

現在は2015年に稼働を開始した新工場タクミの非塩ビラインで作業をしています。主にエラストマー材料を製造しています。汎用材の製造とは工程が異なるので、やはり毎日学ぶべきことが多くあります。ちょっと油断すると不良を出してしまうことがあります。したがって作業には細心の注意を払うようにしています。この非塩ビラインではロットが小さい製品が多いので、品種の切り替え作業が頻繁にあります。色の異なる製品を扱うので、この作業は殊の外、慎重に行います。このような業務を日々重ね、仕事に関する責任を感じつつ、だんだん自信もついてきました。

写真

私が大事にしていること

お客さまの安心と仕事のやりがい

私の所属する製造部門では直接お客さまと接することはありません。しかし私たちが製造に携わった原料がどのように使われるとしても、安心してお使いいただける原料を造ることが私の業務上の大きな使命だ、と思っています。そこで私にできることは「一つ一つの工程を大事にし、モノづくりに向き合う」こと。そして事故のない安全な作業を心がけること。こうして得られる品質が(自分なりに)お客さまにお届けできる「安心」ではないかと考えます。使う立場=お客さまの視点で品質を考え、「安心」って何だろう?と念頭において業務に臨んでいます。また友人たちに「何を作っている会社なの?」、とよく聞かれます。一言で説明するのが難しいので、最終製品を例にとり説明すると「へぇ」と感心し、その後「お世話になってますよ」と冗談交じりに返されます。そんな時、自分が製造に関わったモノがこうしたくらしに役立っている、と感じたとき、「この仕事をしていてよかったな」と感じますね。

写真

自分なりの工夫で品質向上に寄与

私がめざしていること

入社から既に4年が経ちました。しかし自分の至らない部分、甘い部分にに気付くこと、気付かされることが多くあります。先ほどは「お客さまへの安心」ということでしたが、同僚や先輩の方々から「(鈴木君に任せて)安心だよ」と言われるようになりたいですね。そのためには様々な課題をひとつひとつ克服しなければなりません。日々の学習も必要ですが、例えばマニュアルにある「ダブルチェック」だけでなく、自分なりにチェックの基準を設けて、マニュアルプラスアルファで、ミスのない作業を行うよう、日々工夫しています。

オフの過ごし方

ワークライフバランスについて

交代制の勤務ですが、週末は休んで自分の時間が持てます。小学校の時から野球を続けています。今も休日は野球をすることが多いです。ポジションは「強肩」を活かしてピッチャーやキャッチャーを担います。もともとスポーツが大好きなので会社ではサッカーチームに所属しています。また最近は何の予定も立てずに気分任せで旅行にも出かけました。入社した頃はオンとオフの切り替えが上手くできず、遅刻したり先輩、同僚に迷惑をかけることがありましたが、今ではそんなこともなくなり、仕事がさらに楽しくなってきています。

人と仕事:プロフィール画像
氏 名 鈴木 智弘 Chihiro Suzuki
所 属 製造部
入 社 2012年